沖縄県立森川特別支援学校

学校長挨拶

 沖縄県立森川特別支援学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 本校は、昭和54年に沖縄県立鏡が丘養護学校宜野湾分校として認可されスタートしました。昭和59年4月には、沖縄県立森川養護学校と改名し、沖縄県における病弱教育に特化した学校として独立開校しています。本校以外に県内8病院(県立北部病院・県立中部病院・中頭病院・琉球大学附属病院・那覇市立病院・こども医療センター・沖縄赤十字病院・沖縄協同病院)に病院内訪問学級を開設しています。平成21年に養護学校を改め特別支援学校となり、「沖縄県立森川特別支援学校」と現在の名称に改めています。
 設立当初は、隣接する独立行政法人国立病院機構沖縄病院に入院し、長期の療養を必要とする小学生及び中学生の教育を担う病弱教育養護学校としてスタートし、平成元年には高校生を迎え、小・中・高、3学部の揃った学校となりました。
 その後、医療制度の改変により在宅医療への充実が図られ、沖縄病院への入院患者の減少とともに本校における児童生徒数も減少してまいりました。そのため、通学生の受け入れが行われ、今日に至っております。
 平成26年4月からは、新たに本校における精神疾患・心身症等の児童生徒の受け入れがはじまり、学校教育法施行令22条の3による病弱者の要件を満たし、通学が可能な全てのお子さんに門戸を開くことができました。

 「療養しながら学習ができる学校」として、医療機関との連携を密にし、校訓の「明るく元気でねばり強く思いやりのある児童生徒」の育成をめざし、一人ひとりのニーズに応じたきめ細やかな教育活動を展開していきます。
 また、共生社会の理念を実現すべく地域資源の活用を図り、在学しながら実社会に繋がるような新たな授業の工夫・改善を図り、自立し社会参加できる児童生徒を育成すべく、取り組んで参ります。
 さらに、特別支援教育のセンター的役割を担う学校として、専任の教員を配置し、地域の要請に十分に応えられるよう組織体制を整え、巡回相談や教育相談をはじめ、校内研修のお手伝いや情報提供なども適宜対応して参りますので、いつでも気軽にお問い合わせください。
 今年度も、森川特別支援学校への一層のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

平成29年4月   沖縄県立森川特別支援学校   校長 又吉 安一